アイキョーグループ|(株)アイキョーハウス

株式会社アイキョーハウス>
住まいづくりの耳より情報

住まいづくりの耳より情報

2014年03月の日記

RSSフィード登録

●テクノストラクチャーの2世帯住宅 003
2世帯住宅のパターンの1つ目は独立型のプライバシーを大切にした住まいです。完全2世帯ともいわれています。
玄関やキッチン浴室、全て別々にするプランです。
1階2階で分けたり、同じ敷地に2棟並べて建てたりします。
メリットは、お互いの世帯が必要以上に干渉しないようにできることですが、建築費用が高めになってしまうのがデメリットです。
次回以降で、このプランについて、もう少しメリットとデメリットについて詳しく考えてみることにします。

(2014.3.30[Sun])
●テクノストラクチャーの2世帯住宅 002

2世帯住宅のプランニングは、ほぼ3つのパターンに分けられます。お客様の世帯間の「距離感」でどのパターンがふさわしいか考えてみてください。(挿絵ご参照ください。)
次回からは、3パターンそれぞれのメリット・デメリットについて考えてみようと思います。

(2014.3.29[Sat])
●テクノストラクチャーの2世帯住宅 001

ふたつの家族がひとつの屋根の下で暮らす安心感。
仕事や遊びに忙しいご家族も、2世帯が協力しながら
子育てや家事ができて、自分らしい暮らしも楽しめる。
そんなメリットから、2世帯住宅を選択するお客様が増えています。
異なる家族だから価値観やライフスタイルが異なるのは当然です。
だからこそ、二つのご家族がつながる距離をしっかり設計することが、しあわせな2世帯住宅をつくる大切なポイントとなります。
(続く)

(2014.3.28[Fri])